トイレの部品は水漏れ防止対策など日々進化している

どんなトイレでも、壊れない方がよいと考えることは、ごく自然なことです。実際、トイレ自体の寿命は10年以上とも言われ長く使うことができます。しかし、使用環境が過酷なパッキン部分などは、どうしても早めに寿命が来てしまい水漏れを起こしてしまいます。メーカーは、この現実をしっかりと受け止めて日々進化しています。

■水漏れはパターン化されているため対策がしやすい

メーカーはどこで水漏れが発生しているのかというデータを持っています。つまり、しっかりと分析されていて、日々、どのようにその問題に対処ができるかパーツなどの改良を考えているわけです。パッキン1つとっても同様です。このパターンの水漏れが多い接合部だから、硬めのパッキンを用意して対応してみようといった感じです。さらに、メーカーによっては、このパッキン1つを取っても自社開発をしていることもあります。とにかく長く安全に使えるようにメーカーは日々努力をしています。

■業者に相談することも防止する1つの方法

水漏れの修理を業者に依頼した場合、修理にきてくれた業者に、多少高くてもよいから水漏れに強いパーツを使ってもよいことを告げておくと改善される場合があります。全部というわけではありませんが、修理にきてくれた業者が、高品質のパーツを持っていたら使用してくれることがあります。電話で依頼をするときに、その旨を伝えて相談しておくことも1つの手です。コストパフォーマンスとの相談にもなるため、こちらも合わせて業者と相談して、どのようなパーツを使って修理をするのかを決めていくとよいです。

■まとめ
トイレの水漏れは、よく発生をしてしまうトラブルの1つですが、メーカーの努力により、日々、このトラブルの確率が減ってきています。また、修理をするときには、品質の高いパーツを使うことで、より寿命を延ばすことが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ